ヘタリア、ボカロ、創作、とか可愛いものとか大好きな人のゆるゆる亀更新ブログ。米英が好き過ぎて生きるのが楽しすぎる。腐向けだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by タ ク ト
 
[スポンサー広告
きまぐれの猫。
もうね、来ている方々に申し訳ないぐらい更新できてないよね。生きてますよ。
6月にそろばんの試験があって試験受かったらmyパソコン買ってもらおうと思っています!
そうしたら更新少しでも増えるかな…!

休日はもっぱらしぶで小説読んでます。しぶ行ったらまず小説!最近絵見てないww
いや、描いてはいますよ!見てないんです。

でも、絵描く時間<<小説書く時間なのよね。
たぶん今、私の中でnovelブームが起こっているのだわ。

あと米英小説2作目が出来たので来週の土日どちらかにしぶにうpろうと思ってます^^
表紙うpっておく!

愛恋ホリック

人間恐怖症のアーサーと、彼を支える恋人アルフレッドくんの依存のおはなし。
前回、切なめを目標に書いたので今回はちゅー多めの甘め目指した…はず。でも途中でアーーーッて私がなって雑になってますw
来週ゆっくり見直して修正してうpるぞー!

漢語+外来語っていう組み合わせが好きです^^*
なんというか、テンポがいい感じ?という訳で結構無理やりな題名付けてます。
前回書いたやつはまた後日うpりますねー^0^
↑当てにならない後日

追記で少し文章うpりますね~。
完成はしているけどたぶん来週修正します。いやぁ、本当最近novelブームですわぁ。
絵も描きたいね…来週絵としゅうせい!
受験?テスト?何それ食えるの?

小説のネタは常時募集してます…!ネタくれ…!(ただし米英に限るw)

あと100人くらいで5000hitですね!こんな糞亀更新ブログに来ていただきありがとうございますですよ本当に。
受験生だけど更新がんばるぞー!
では追記に米英小説をちょこっと!
愛恋ホリック(Holic)

*人間恐怖症アサとそれを支える恋人のアル。いちゃいちゃしとる。






 数少ない休日は、家でまったりゲームをしながら恋人と過ごす。

 右手にはコーラの入ったマグカップ。左手にはゲームコントローラー。そして膝には可愛い恋人のアーサーがちょこんと座って裁縫をしている。
 コーラをごくごくと飲み干して、注ぎ足そうとゲームを一旦止めペットボトルを取った。

「「 あ 」」

 アルフレッドとアーサーが声を発したのは同時だった。

「コーラ全部なくなっちゃった」
「そういや冷蔵庫の中何もねぇ…夕飯どうしよう」

 互いに食料が尽きた事に気づく。

「しょうがない、面倒だけど買いに行こうか」
「え」

 アーサーは短く唸って困った顔をした。
 やっぱり外には出たくないのかな。

「行くのが嫌なら俺一人で行ってくるよ」

 よいしょ、とアーサーをソファの隣に移動させて立ち上がる。
 しかし、アーサーは太い眉毛をハの字にしてふるふると頭を横に振った。

「お前が行くなら行く!」

 彼は決心したように強く言った。
可愛いなぁ、と思うと同時に不安が込み上げてくる。



 外に出て買い物に行く、という事は様々な人々とすれ違い、時に触れ合うという事で、街のすれ違う赤の他人から小さな会話程度しかしない店の店員、ただの顔見知りやもしかするとばったり懐かしい友人に出会ってしまうかもしれない“外”。
 俺たち人間にとってそれは当たり前の事で、そして欠かせない人との繋がりが待っている場所。
 さて、とアルフレッドは腕を組む。

「アーサー、無理はしなくていいんだよ?」
「し、してねぇよ、そんなもん!余計な心配すんじゃねぇ!」

 アーサーは拳を握ってアルフレッドに訴えた。しかし、その拳はふるふると震えている。ああ、やっぱり無理してるんだ。

「ほら、さっさと行ってとっとと帰ってくるぞ!寄り道はしないんだからな!」

 そう言ってアーサーは外行きの格好に着替えた。その服はあまり着られてはいない。
 大丈夫かなぁ、と心配しながらサイフと携帯をズボンのポケットに突っ込んで二人の住む小さな家を後にした。



…俺だって買い物くらい、行けるんだからな。アルに頼ってばかりじゃないんだ…



 まるで自分に言い聞かせているかのような、小さな小さな呟きを、聞こえないフリをしてスーパーへ向かった。




*





 これが案の定、という奴か。
 アーサーは帰ってきてすぐに普段着に着替え、暗い部屋のソファへ直行し、毛布お化けになって泣いていた。

「アーサー?」

 返事はない。ただその代わりに鼻を啜る音としゃっくりが聞こえた。

「アーサー、大丈夫かい?怖かったんだよね?」

 毛布からちらりと覗く白い手が、ぎゅうっと強く握られる。

 ところで、アーサーが一体何に怯えているのか、気にならないだろうか。
 先程、俺は彼が外に出る事に対してあまりにも気に懸けていた。その事に君達はもう気が付いているだろう。それが最大のヒントである。



 アーサーがこんなにも恐れているもの。
 アーサーがこんなにも震え上がってしまうもの。
 それは限りなく近いもので、離れられない。

 それの正体は、『人』だ。

 そう、アーサーは『人間恐怖症』なのだ。
  アーサーは俺以外の人間、つまりこの世界中の俺を除く約70億人の事が怖くて怖くて仕方がなくて、怖くなくても怖い以外の他の嫌な感情を抱いてしまう。という事らしい。 俺は彼のその症状を人間恐怖症と呼んでいる。
 それは一体どういう恐怖なのか。きっとそれは、俺が一生かかっても理解できない感覚なのかもしれない。

 しかし、そんな俺だって想像くらいは出来る。

 俺と自分以外の人間が全部お化けの様な存在で、外に出るとそんなものがウヨウヨしている、それが彼にとっての“外”。そういう事だと俺は思う。



 今日、アーサーとスーパーへ向かう途中、彼にぶつかってしまった女性が居た。その人は「すみません」と軽く謝ったのだが、アーサーはその時、恐怖で声がでなかったらしい。
 他にも、道の端に大勢で座って大声で笑っていた不良っぽい見た目の若者にも彼はびくびくしていた。絡まれないか、近づいてこないか、殴られないか。彼の頭の中は恐怖で埋め尽くされる。
 アーサーがそういう状態の時、俺は必ず彼の手を握る。まぁ、普段から握ってあげたいけれど、彼が恥ずかしがるので、そういう時だけ、すぐに。
 街行く人々、スーパーの店員、近所の人たち。ほら、こんなに近くに沢山の恐怖の対象がいる。

 しかし、それだけアーサーは人が怖いのに、何故一緒についてきたのだろう。何で俺を頼ろうとしてくれないのか。
 別にアーサーと外へ出たくない訳じゃないけれど、俺にはわからない。
 わざわざ自分から、傷付きに行かないでほしい。そう思う。

「アーサー、ほら、もう大丈夫だよ。俺しか居ないよ。抱きしめたいから毛布、どけるね」

 まるで赤ん坊をあやして寝かせる時の様な声を出す。
 彼から薄い毛布をそっと除くと、硬そうで実はふわふわの金髪と、とろけた翡翠が薄暗い闇の中で淡くきらきらして見える。
 アーサーは毛布を手放して、そっと俺の体に抱きついた。彼の体温と涙が服越しにじんわりと伝わってくる。

「アル…」
「うん」

 切なげに呼ばれる名前は自分のもの。
 アーサーの頭を撫でたくなって、彼の後頭部に手を添えた。ふわふわの髪が心地良い。
「人、やっぱり怖かった」
「そっか」

 それでも彼は自らの意思で外へ出た。何故?

「特に道端の不良が怖かった」
「俺がいるから大丈夫だよ」
「…うん」
「俺、頼りないかい?あれより弱そう?」

 アーサーはふるふると首を振った。

「だろ?だから君はなーんにも心配しなくていいんだ。」

 本当に、彼は何も心配しなくていい。だって俺が居るのだから。むしろもっともっと頼ってほしい。
 そういう思いを込めて、アルフレッドはアーサーの頭にキスをした。良い匂いがする。するとそれが合図だったかのように、アーサーがガバッと顔を上げてちゅ、とリップ音のするキスをした。涙は零れ続けたまま。彼の時折出す声がなんともエロい。
 ちゅ、んちゅ、ぷちゅ、と何度もアーサーは唇を押し付けてくる。そして俺の体に腕を絡ませて抱き合う。ああ、甘えてるんだ。可愛い。可愛い。俺の恋人。

 唇を合わせて、目線も意識も指も舌も愛も絡めあって、唾液で恐怖が錆びつけばいい。 代わりに何度でも自分の特別な恋心を注ごう。
 ああ、まるで唇に毒でも塗られているみたいに、アーサーのキスからは抜け出せない。

 その幸せを一体何に例えようか?



<つづく!> ←そして直す!
スポンサーサイト
Posted by タ ク ト
comment:1   trackback:3
[小説
comment
ふおおお絵もかけて小説もかけるなんて・・・
神かwww


言葉の一つ一つがとても丁寧で見入ってしまいます///
2012/06/03 11:26 | | edit posted by 穐崎 蛍
comment posting














 

trackback URL
http://takuto610.blog130.fc2.com/tb.php/280-ea3f39b7
trackback
もうね、来ている方々に申し訳ないぐらい更新できてないよね。生きてますよ。6月にそろばんの試験があって試験受かったらmyパソコン買ってもらおうと思っています!そうしたら更新少しでも増えるかな…!休日はもっぱらしぶで小説読んでます。しぶ行ったらまず小説!最近絵見...
| まとめwoネタ速neo | 2012.05.16 20:29 |
もうね、来ている方々に申し訳ないぐらい更新できてないよね。生きてますよ。6月にそろばんの試験があって
| まっとめBLOG速報 | 2012.10.23 12:52 |
もうね、来ている方々に申し訳ないぐらい更新できてないよね。生きてますよ。6月にそろばんの試験があって
| まっとめBLOG速報 | 2012.10.23 12:52 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。